何と言ってもつけを払う可能性が高いのはこれからの世代である
同じ距離に電柱によって電線を架すやり方の5倍とも
地中に埋める「無電柱化」推進の機運が高まってきた
article 「6月末の投資家別の国債保有額」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2019年9月24日